<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

デジタル一眼

このところ、デジタルカメラ市場では一眼レフの新機種がぞくぞくと登場している。

コンパクトデジカメの小型化、軽量化の勢いも以前ほどではなくなってきており、コンパクトデジカメの市場もほぼ飽和状態になっている感じ。
誰もが1台以上はデジカメを持っているだろう状態で、さらに携帯電話のカメラ機能もかなりの水準まで上がってきている。
次はやはりカメラ本来の機能、操作性、画質、マニュアル性を重視するようになるのは自然はことで、そうなるとちょっといいコンパクトデジカメよりは一眼レフ、ということになる。

実際私も持っているが、やはり何がいいかというと、あのシャッター音(的なもの)とレンズの大きさ。それと+(プラス)-(マイナス)ボタンではなくレンズをまわすことによるズーム。「持って」「撮る」という動作が楽しく感じられる。
またやっぱり画質も全然違う。特に自然光の下での撮影では被写体の鮮明さや画像の明るさなんか全くの別モノ。

各メーカーでも力を入れていて、ニコン、キャノンはもともと(アナログ)一眼カメラのシェアは強く、そのユーザー、特にマニアやプロにも満足のいく上位機種の充実を図っているようだ。また動画撮影機能搭載機も増えてきており、従来の一眼レフ+αの使い方を提案している。またPCでは強いソニーも、デジタル一眼のシェアを確保しようと本格的に参入し出した様子。今後の躍進を期待。
でもこれらのメーカーと一線を画しているのが「パナソニック」。コンパクトデジカメでも後発組だったがより小型、薄型の商品開発に力を注ぎ躍進をとげた。一眼市場でもコンパクト化に力を注ぎ、デジタル一眼では最軽量の385g。L版プリント写真とほぼ同サイズの小型商品を出した。ユーザーもファーストユーザーや女性をターゲットに絞り、コンパクトデジカメからの移行ユーザーの獲得を狙うようだ。
[PR]
by hiro2003th | 2008-11-04 03:31